真田氏 上州の拠点・岩櫃 

東吾妻町郷原古谷地区の潜龍院跡、と古谷地区の一番上段のエリア、赤岩登山道、そして原町・平沢地区の沢通り登山道から岩櫃山山頂を登りました。さらに、原町地区の岩櫃城温泉、顕徳寺を見学。顕徳寺は元和2年(1616)、真田家家臣・出浦対馬守が潜龍院を移築して開基したといわれているお寺です。さらに中之条町の歴史資料館「ミュゼ」を訪問。真田や忍者など中世の郷土資料を見てきました。(2014年6月3日)

岩櫃山の九合目
岩櫃山の九合目

東吾妻町郷原古谷地区で岩櫃山のロケハン
東吾妻町郷原古谷地区で岩櫃山のロケハン

中之条町歴史資料館「ミュゼ」
中之条町歴史資料館「ミュゼ」

岩櫃山の九合目
岩櫃山の九合目

1/26

東吾妻町の地域おこしグループ「あざみの会」による「戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第9弾」(2014.6.1)の様子。真田幸村公の400回忌にあたり、幸村公への奉茶・お手前、上州岩櫃太鼓、歴史プロデューサー早川知佐さんの講演「真田信之と岩櫃城」、郷原城跡探検など。町内外・県内外からの80名が岩櫃の歴史ロマンに触れるひとときを過ごしました。

戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第9弾
戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第9弾

郷原駅から郷原城跡を目指す一行
郷原駅から郷原城跡を目指す一行

郷原駅から一路、原町駅へ
郷原駅から一路、原町駅へ

おつかれさまでした。

戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第9弾
戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第9弾

1/58

NPO法人浅間・吾妻エコツーリズム協会による戦国真田の吾妻侵攻にまつわるエコツアーシリーズ最終となる第4弾「霊山『たけやま』登山と『和利の里散策エコツアー〜芝桜・ツツジ登山道・100匹の鯉のぼり〜」(5月4日)での、中之条町・嵩山および五反田地区の春。吾妻侵攻を進める真田氏が岩櫃城のあとに攻めたのがこの嵩山・斉藤氏。激戦の末に斉藤氏は一族山頂から身を投げました。現在は住民による観音様修復事業などで手厚く慰霊されています。

「嵩山三十三番観世音」平成の大修復を記念して祀られた十一面観世音菩薩様
「嵩山三十三番観世音」平成の大修復を記念して祀られた十一面観世音菩薩様

嵩山「小天狗」山頂
嵩山「小天狗」山頂

嵩山城「二の丸跡」から原町をのぞむ
嵩山城「二の丸跡」から原町をのぞむ

「嵩山三十三番観世音」平成の大修復を記念して祀られた十一面観世音菩薩様
「嵩山三十三番観世音」平成の大修復を記念して祀られた十一面観世音菩薩様

1/87

NPO法人浅間・吾妻エコツーリズム協会による戦国真田の吾妻侵攻にまつわるエコツアーシリーズ第3弾「ムラサキツツジの花咲く吾妻渓谷エコツーリズム」(4月27日)での、吾妻渓谷と道陸神峠の古道の様子。真田の軍隊はこの道陸神峠を通って岩櫃を行き来したのを思うと、手だれの忍者が育つのもうなづけます。

吾妻渓谷(鹿飛び橋より)
吾妻渓谷(鹿飛び橋より)

吾妻渓谷の水面鏡に照らされる植物
吾妻渓谷の水面鏡に照らされる植物

吾妻渓谷の水面と緑
吾妻渓谷の水面と緑

吾妻渓谷(鹿飛び橋より)
吾妻渓谷(鹿飛び橋より)

1/36

スタンダード