上毛新聞「三山春秋」で岩櫃城を応援していただきました!


6月27日付けの上毛新聞フロントの「三山春秋」で、岩櫃城跡が国史跡に指定される見込みであることに触れ、「歴史文化を交えた魅力発信がますます楽しみだ。」と結び、岩櫃城にスポットライトを当てていただきました。


 通常国会閉会と解散見送りから、G20大阪サミットに話が飛び、国政からグローバルな展開になったかと思いきや、話は一気に戦国時代の真田氏へ。おおっ、面白い展開と思っていたら、真田忍者が出て来た!と思ったらわれわれの名前こそ出ませんでしたが、われわれの活動を高く(?)評価してくれました。



 国会閉会から大阪サミットへと超広角に広がったところから、超ローカルな東吾妻に焦点を絞る。さすが、県紙・上毛新聞さん。広く社会を見渡して、ローカルな動きに機敏に反応。上毛さんもさては忍びの者ですなぁ。素敵に記事に取り上げていただきありがとうございました。


https://www.jomo-news.co.jp/feature/miyama/141598



 最近、上毛さんに印象的に取り上げられる機会が増えてますね。われわれの取り組みが地域のお役に立っていることの一つの表れなんだと勝手に自信を深め、令和元年の役ー夏の陣ーに突入します!

35回の閲覧0件のコメント