あざみの会「戦国真田の岩櫃城跡探検隊」に参加!


東吾妻町が誇る地域の歴史愛好者団体「あざみの会」による「戦国真田の岩櫃城探検隊」の第11弾が行なわれました。今回は岩下城をメーンにした歴史探検。「真田が攻略した岩櫃城は本当は岩下城なのではないか?」というまことしやかな説が残っていますが、その説も信じたくなるような城跡でした。岩下城下には、館林・茂林寺の「文福茶釜」がもともとあった青龍寺の跡もあり、そんな話は知らなかったのでびっくりしました。午後は柳沢城と岩櫃城の二手に分かれたオプショナルツアーも行なわれ、とっても充実しました。次回の「戦国真田の岩櫃城探検隊」第12弾は、11月22日に予定されています。写真は、岩下城の存在を今に伝える深い堀。


IMG_7614.JPG


124回の閲覧0件のコメント